ハイヒール女の痛快日記

ヤバイ話、ここだけの話、困惑話など、激変する日常を独女目線でカラッとマジ絡み。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いモノは消費者が育てていく〜PART2

はじめまして!東京ルミックスです。
ハーブの香りつきハイヒールでスキップ?!


子供に安心・安全なお米を食べさせるのは親の義務だ。「大地の恵み」が産地直送するハーブあぜみち農法の「ななつぼし」「ゆめぴりか」「ゆきひかり」「ふっくりんこ」「きらら」は無農薬、放射能未検出の安心・安全なお米だ。「ハーブあぜみち農法」の創始者である今橋道夫は、その功績で農林水産大臣賞を受賞している。しかも、それらのお米は、北海道の安心ラベル、北のクリーン農産物表示制度・YES!cleanにも登録されている。

ハッキリ言って「そんじょそこらのお米ではない!」ということだ。

その今橋道夫は「香りの畦みち研究所」を主宰している。ハーブの畦で病害虫を予防する研究所だ。世界広しといえどこんな研究所はどこにもない。彼のライフワークなのだ。私は、ハーブあぜみち農法の販売元「大地の恵み」のメルマガ用に、今橋さんを取材した。

彼は、地球環境を維持しながら持続可能な農法を25年も前から研究している。そして、彼は長い年月の末、ハーブの畦による害虫防除法を無農薬稲作技術のひとつとして確立。そのノウハウを農業専門誌に公開した。そのハーブの畦の愛称が「香りの畦みち」なのだ。それは、長い間稲作農家を苦しめてきた、

稲につくカメムシの被害を劇的に減らす農法になった。

その取材の一部を少しづつ紹介していく。食の安全をぐらついている現在「安心安全で美味しいお米を食べると家族全員が幸せになる」という事実と「良いモノは消費者が育てていく」ということをしっかりと伝えたいと思う。

<前回からの続き>

何故、ハーブのあぜみちなのでしょうか?

水田の畦に有用植物を植えることは昔からありました。例えば本州で見られる彼岸花があります。しかし、農薬を使う事が当たり前になり、そのような自然の力を利用した方法は忘れられてきました。私は農薬を使わずに、稲の主要な害虫であるカメムシを撃退する方法がないかと考えました。

この害虫は主にイネ科植物に被害を与えます。イネ以外のイネ科雑草の方を好みますが、日本中の水田の畦(あぜ)はイネ科雑草が非常に多い特徴があります。殺虫剤を使っても、またイネ科雑草に産み付けられた卵からカメムシが出て来てイタチごっこを繰り返します。私は数種のハーブが水田のあぜで良く育つことを発見しました。ハーブの持つ野性的な力強さに着目して実用化したのがハーブの畔「香りの畔みち」なのです。


ハーブであれば、どんなハーブでも良いのですか?!

ハーブはとても種類が多く、水田の畦に使えるのは限られています。在来のイネ科雑草より繁殖力が強く、しかも永年性がありながら、人間がコントロール可能な環境負荷のない植物であるという条件があります。畦で良く育ち、その結果カメムシ密度が下がり、カメムシ殺虫剤を使わなくとも良質米が収穫できねばなりません。

そのためには様々な調査が必要で、数字で証明できなければただの思い込みになってしまいます。そこで様々な試行錯誤と調査をもとに実用化したのがミントを利用した畦です。しかし、ミントでさえも使えるのはアップルミントとスペアミント、そして我が家の庭に、元々あった品種不詳のミントくらいなものです。


(次章に続く)

無農薬・ハーブあぜみち農法の米【大地の恵み】

最初の1票はここだよ。
にほんブログ村 OL日記ブログへ
こちらにも1票お願いね!
banner001.jpg

FC2 Blog Ranking

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

東京ルミックス

Author:東京ルミックス
自称、東京オシャレガール。
東京杉並区に在住。井の頭沿線。

今がチャンス!

副業ネットショップ!

ナウでヤングなレンタルサーバー!

ドメインはここで取る!

ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 

水を徹底比較する!

老け顔を払拭!

右サイドメニュー

検索フォーム

女の肌が潤う!潤う!

デリケートゾーンの臭い黒ずみに!

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

毛穴に効く秘密

すっぴんデカ目に!

ビックリ!すごい効果

何もしないから楽ちん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。