ハイヒール女の痛快日記

ヤバイ話、ここだけの話、困惑話など、激変する日常を独女目線でカラッとマジ絡み。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治崩壊、社会崩壊、人間崩壊、私はどこへ行く?

はじめまして!東京ルミックスです。
ハイヒールを片手にぶら下げティファニーの前に佇む?!


無農薬・ハーブあぜみち農法の米【大地の恵み】

私のブログは論理的でない。極めて主観的で独善的ですらある。ひとことで言えばストレス発散のための手段といえる。じゃなきゃ書かないもんね〜!初期の頃は結構真面目に色々調べて書いていたが、それは物理的な意味で嘘を書くのが嫌だったためだ。そもそも、ただのOLだから何の影響力もないし、自分が感じたことを好き勝手に書いてるだけである。

人を説得しようとも思わないし、影響を与えようと思ったこともない。

政治ネタが多いが、それなりの正論を書いても政治が変わることもないし、日本の政治家どもに一般庶民の声が届くはずもない。それによって政局が起きることもない。哀しいかな庶民は彼らのなすがままに任すしかないの。自虐的に感じるだろうが、それが日本の現実でもあり大きな壁でもあるわ。

特に3.11東北大震災、原発事故を境に日本の国の政治や社会の体制が大きく変化した。

国は国民のために存在するのではなく、それらを動かしている、政治家、官僚、一流企業の一握りの既得権益者たちだけの利益誘導にあることが、ボンヤリと分かってきた。新聞、テレビなどに出演している、評論家、大学教授、著名人のコメントを"耳を澄まして聞く"と、物理的事実や真実までも嘘に近い数字を上げて、核心を外した論説に終始するようになった。

気の利いた人であれば、巧みにイメージ操作を図っていることがすぐに分かる。

彼らをコメンテーターと呼んではいるが、御用マスコミや御用学者で既得権益者たちの情宣部隊だといっていい。紛れもなく利益誘導の手先である。ほんの一握りの良心あるリベラリストたちは悉く番組を降ろされ発言の場を失った。霧の中でボンヤリと見えていた既得権益者にとって都合のいい現実から「このまま行くと暗黒日本じゃん?」と、

民主主義が崩壊する確信に変わった瞬間だ。その頃からほとんどテレビは見なくなった。

私にできることはたかが知れている。どうするかって?世間一般に遍く普及していることでも、自分で考えて、調べて、確かめて、納得して、行動に移すということだけである。幸いネット社会は便利この上ない。玉石混合だが情報収集が簡単にゲットできる。

取捨選択は本人の知識や思考にもよるが、自分がジャッジするのだから間違っても悔いはない。

私は福島原発事故以来、食の安全は自分で守るしかないと考えていた。そんな矢先、偶然にも私の元上司が放射能汚染されてない北海道で「ハーブあぜみち農法」のお米を栽培している今橋氏と知人の間柄で、そのネットショップ「大地の恵み」を立ち上げたのだ。

今橋氏は日本農業大賞・農林水産大臣賞受賞の稲作技術のスゴ腕だ。

私は「大地の恵み」のメルマガを手伝うことになり、今橋氏のことをもっと知るために調査していると、北海道開発局・札幌開発建設部農業開発第1課が出しているある記事を見つけた。これを読んで今橋氏が本物であることを改めて思い知った。

今橋氏がハーブあぜみち農法を特許申請しないのも、多くの人に役立てて欲しいからだ!

一握りの既得権益者たちだけの利益誘導を図ってる連中には、世の衣中の人に役に立ちたいなどの発想は脳髄の底からないはずだ。手先になっておこぼれに預ってる貧富な行動すら気づいてないのだ。私の行く先は決まっている!少なくとも、自己の利益だけを考えてるブルジョアジーとその予備軍とは一線を画した、

「汚れつちまつた悲しみに」を省察できる場所に行きたい。

農家の皆さんは、新たな米政策の下で、それぞれの地域の創意・工夫により「売れる米づくり」に向けた様々な取り組みを展開している。その取り組みの一つとして、稲の害虫であるカメ虫が発生しずらくなるようハーブ等 を、水田の畦などに植えることで農薬を減らす取り組みが盛んに行われている。

ハーブを活用したこの様な取り組みは、平成元年に日本農業賞を受賞された美唄市の今橋道夫さんが最初に取り組んだもので、この取り組みが、食の安全・安心を巡る昨今 ・・・の社会的要請とあいまって、地域全体の取り組みとして、米どころである石狩・空知管 内の地域に広がっている。

このカメ虫による斑点米被害を防ぐため、従来はカメ虫の繁殖場所となる水田周辺の 雑草の除草が欠かせなかったが、水田の畦やその周辺にハーブを植えることにより、ハ ーブの種類により異なるが、カメ虫の嫌がる特徴的な香りや成分、また、ハーブそのも のを植えることによる雑草の抑制が期待され、農薬使用の抑制、引いては、北海道が推進するクリーン農業と呼応する形で定着したものである。

また、ハーブの美しいみどりやさわやかな香り、そして色とりどりの花々は、潤いあ る農村景観づくりにも一役買うななどの効果も期待され、農業者のみならず、地域づくりの一環として、地域住民を巻き込んだ形で広がり定着しつつある。 (一部転載)



無農薬・ハーブあぜみち農法の米【大地の恵み】

最初の1票はここだよ。
にほんブログ村 OL日記ブログへ
こちらにも1票お願いね!
banner001.jpg

FC2 Blog Ranking

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/10 20:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

東京ルミックス

Author:東京ルミックス
自称、東京オシャレガール。
東京杉並区に在住。井の頭沿線。

今がチャンス!

副業ネットショップ!

ナウでヤングなレンタルサーバー!

ドメインはここで取る!

ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 

水を徹底比較する!

老け顔を払拭!

右サイドメニュー

検索フォーム

女の肌が潤う!潤う!

デリケートゾーンの臭い黒ずみに!

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

毛穴に効く秘密

すっぴんデカ目に!

ビックリ!すごい効果

何もしないから楽ちん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。