ハイヒール女の痛快日記

ヤバイ話、ここだけの話、困惑話など、激変する日常を独女目線でカラッとマジ絡み。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読売新聞「美人記者」の実態は?

はじめまして!東京ルミックスです。
ハイミスがハイヒールを履くとどうなる?私だ!


中川前財務大臣はG7後の記者会見の前の昼食の際、自らワインを注文していた。同席者は財務省の玉木国際局長と中川氏の政務秘書官、財務省職員、通訳、そして読売新聞の30代の美人記者だ。

その記者は中川のお気に入りらしい?昼食に呼ばれるくらいだから、かなり懇意にしていたはずだ。しかし、彼女は昼食時に中川がワインを飲むのを見ていないと表明している。

理由は、携帯が引っ切り無しにかかってきて、度々、席を外していたからだという。どう考えても無理のある言い訳だ。報道機関の言葉としてはお粗末だ。

確かに、記者は取材するターゲットから嫌われてしまうと情報が入らない。女の武器を使ったかどうかは知らないが、食い込むしかないのだ。そして、何故か、彼女も読売新聞もリベラル感に欠ける。

購読数は世界一だが極めて体制よりで、とても報道機関とは思えない!体制べったりのベトベト感のみだ。

親玉である「ナベツネ」こと渡邉恒雄からして、福田と小沢に大連立を働きかけたり、フィクサー的な要素が強い。唯一、首相の靖国参拝を反対しているが、とても新聞社の人間とは思えない。

そんな彼を見ると、その美人記者も何だか曰くありげに見えてしまうのだ。ナベツネは東大時代は共産党員だったというから驚きである。その極端な思想転換もモラルがない。

いずれにしても、読売新聞はスポーツ新聞的な臭いと、ダーティなイメージしか感じられない。品性と知性のかけらもないのだ!

ストレス発散!清き1票を私へ。
banner001.jpg

にほんブログ村 OL日記ブログへ

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

東京ルミックス

Author:東京ルミックス
自称、東京オシャレガール。
東京杉並区に在住。井の頭沿線。

今がチャンス!

副業ネットショップ!

ナウでヤングなレンタルサーバー!

ドメインはここで取る!

ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 

水を徹底比較する!

老け顔を払拭!

右サイドメニュー

検索フォーム

女の肌が潤う!潤う!

デリケートゾーンの臭い黒ずみに!

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

毛穴に効く秘密

すっぴんデカ目に!

ビックリ!すごい効果

何もしないから楽ちん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。