ハイヒール女の痛快日記

ヤバイ話、ここだけの話、困惑話など、激変する日常を独女目線でカラッとマジ絡み。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「假屋崎省吾展」のギャップ!

はじめまして!東京ルミックスです。
サイン会に出てきた彼にハイヒールを履かせてみたかった?


新宿「高島屋」で開催中の「假屋崎省吾」の作品展に行った。私は初めて本物を見たが見事だ!もはや華道というよりアートの世界である。ありがちなバラや蘭だけでなく、「ドウダンツツジ」や「ケイトウ」、「アジサイ」、「キク」など意外性のあるものを使って表現されている。

作品の背景には「篤姫」と見まがうばかりの豪華な金糸が施された和服が展示されている。花だけでなく周囲の空間までも取り入れだオブジェとも見えるし、一幅の風景画とも見える。

いちばん気に入ったのは、まるで窓のように区切られた中に、「カラー」の花をあしらっ作品だ。枯れ木をコバルトブルー塗りつぶした枝が窓の右隅に伸びているのが鮮やかだ。80年代のアンディ・ウォーホールやキース・へリングを想像させる。ポップアートやファインアートと呼んでもいいくらいだ。

それに反比例して興醒めしたのは、入り口にズラリと並んだお祝いの贈呈花だ。豪華な花が入り乱れたハデハデしいだけの、まるで演歌歌手のコンサート会場のようだ。

贈り主は「久本雅美」や「神田うの」、「森久美子」、同類の「IKKO」、「植松晃士」などからだが、彼の作品の素晴らしさに比較してそのセンスの無さは好対照であった。

結局、芸能人からのお祝いを誇示しているだけである。果たして、「華道家の彼にとってこの手の花が必要なのか?」。大いに疑問を感じてしまった。

ストレス発散!清き1票を私へ。
banner001.jpg

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

東京ルミックス

Author:東京ルミックス
自称、東京オシャレガール。
東京杉並区に在住。井の頭沿線。

今がチャンス!

副業ネットショップ!

ナウでヤングなレンタルサーバー!

ドメインはここで取る!

ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 

水を徹底比較する!

老け顔を払拭!

右サイドメニュー

検索フォーム

女の肌が潤う!潤う!

デリケートゾーンの臭い黒ずみに!

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

毛穴に効く秘密

すっぴんデカ目に!

ビックリ!すごい効果

何もしないから楽ちん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。