ハイヒール女の痛快日記

ヤバイ話、ここだけの話、困惑話など、激変する日常を独女目線でカラッとマジ絡み。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬 脱藩の道をゆくを上梓!

はじめまして!東京ルミックスです。
ハイヒールで四国山脈を歩く、遭難するじゃん!!


突然、知り合いのカメラマンから本が送られてきた。その彼は、昔からお仕事をお願いしていた、マァ、いってみれば仲間のような人なの。もちろん、人生では大先輩ですけどね?

名前は小島真也といい、篠山紀信のチーフアシスタントをしていたので、人を撮るのが素晴らしく上手なの。アイドルや女優さんを専門に撮っていたので、私は婦人科カメラマンと呼んでたの。

表紙を見てぶっ飛んだ!なんと「坂本龍馬 脱藩の道をゆく」というタイトルの紀行写真集なの。佐古文男という人と共著だ。発行は学研パブリッシング、発売は学研マーケティングになっている。

ウ~ムッ!あの彼が、こんな素敵な。しかも、私の大好きな坂本龍馬本が題材なんて、超イケてるじゃん!帯には「2010年、龍馬と旅をする」とある。

本のテーマは、日本の黎明期を疾風の如く駆け抜けた龍馬脱藩の道のりを、龍馬を感じながらも現代の視線で同じように辿るというモノなの。

添えられていた手紙にも書かれていたけど、婦人科の彼が、四国山脈の峠をいくつも越え、しかも、半分は雨に打たれながら撮影していたという。

獣道や道なき道を行くあり様は、もはや山岳カメラマンのようだったとか?スタジオで撮影する彼のイメージしかない私には驚きだったわ。

それほど固くならない切り口と、彼の個性が滲み出た写真で魅せている。龍馬ブームの中、彼と同じ道を歩いてみたいと思う人にはピッタリだと思うわ。

知らなかった情報も満載だし、旅のガイド本の上級者用としてもグッドです。ちなみに、坂本龍馬の奥さんの「お龍」は細面の私好みの知的な美人だ!

興味のある人はこちらから▼

坂本龍馬 脱藩の道をゆく (KOINKYO BOOKS)坂本龍馬 脱藩の道をゆく (KOINKYO BOOKS)
(2010/01)
左古 文男小島 真也

商品詳細を見る



ストレス発散!清き1票を私へ。

banner001.jpg

にほんブログ村 OL日記ブログへ


Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/01 10:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2010.04/01 04:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

東京ルミックス

Author:東京ルミックス
自称、東京オシャレガール。
東京杉並区に在住。井の頭沿線。

今がチャンス!

副業ネットショップ!

ナウでヤングなレンタルサーバー!

ドメインはここで取る!

ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 

水を徹底比較する!

老け顔を払拭!

右サイドメニュー

検索フォーム

女の肌が潤う!潤う!

デリケートゾーンの臭い黒ずみに!

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

毛穴に効く秘密

すっぴんデカ目に!

ビックリ!すごい効果

何もしないから楽ちん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。