ハイヒール女の痛快日記

ヤバイ話、ここだけの話、困惑話など、激変する日常を独女目線でカラッとマジ絡み。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年こそ菅と朝日新聞に天誅を!

はじめまして!東京ルミックスです。
年が明けていきなりハイキックをかました。また空き菅だった?!


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

女性で政治ネタブログを書いてる人は少ない。私も当初は会社での出来事や友人との飲み会など日々の雑感、そして、凶悪事件などを取り上げて気ままに綴っていた。

政治ネタを能動的に書き始めたのは、スッカラ菅内閣に変わってからだ。もともと私は代表選はフラットな気持ちでいた。しかし、選挙直前に菅&朝日新聞が、小沢氏の何でもない問題をでっち上げて事件化。政治とカネという訳の分からないネガティブキャンペーンをはった。

菅氏の仲間を売る行為に吐き気がした。

しかも、政権交代を実現させた小沢氏をだ。その時からだ、私が政治ネタを書くようになったのは。

実際は帳簿の期ズレ以外何ものでもない。

その後の、菅内閣は云わずと知れた素人同然の政権運営で、日本の国益を損ない、国としてのアイデンティティさえも失う結果になった。私が年頭に思うことは、これからも菅内閣と朝日新聞を含むをマスコミを断罪して行くことである。

今回は、女性として尊敬できる勇気ある政治家・森ゆうこ参議院議員が「政権交代の歴史的意義を失わせてはならない」と題して小沢氏の疑惑を全て払拭するブログをエントリーしている。菅氏、朝日新聞は無視なのだろうが、

誰が読んでも明解で正鵠を射ている。

(以下、森ゆうこ参議院議員ブログより転載)

検察とメディアによってねつ造された「政治とカネ」
これを許せば議会制民主主義が崩壊する

○あれだけ大騒ぎをした西松建設の裁判は既にない。2010年1月13日の第2回公判で、検察側証人がダミー団体ではないと証言。敗色濃厚になった検察側は訴因を変更。西松裁判は実質上なくなった。

○陸山会事件の被疑事実は「期ずれ」
登記の実務上、売買成立日を仮登記とするか、本登記とするかはケースバイケース。そもそも虚偽記載でさえない。4億円の立て替え金について、そもそも立て替え金を記載する義務はなかった。

○陸山会事件を捜査したのは、FD改ざん事件の前田元検事前田元検事は実質無罪判決の出ている佐藤栄作前福島県知事の事件で捜査を担当。裏金疑惑を証言した水谷建設元会長が仮釈放欲しさに虚偽の供述をしたと佐藤
前知事の弁護人(宗像弁護士)に語った。

○新生党解党資金(但し、政党助成金が発生していない)についての批判記事により、このお金は、小沢先生自身が、支援者から頂いた尊い浄財である政治資金、つまり、政治改革のための資金だったことが証明された。政権交代を実現するため、グループを問わず配付され、解散が一年近く先延ばしにされ資金の枯渇に苦しんでいた議員や候補者は、その資金によって選挙をスタートすることができたと感謝している。

○政治改革のための軍資金として、政治資金を現金で運用するのはよくて、他の運用方法が悪いというのは論理的根拠がない。

○仙谷官房長官の「検察審査会による起訴も起訴に変わりない」「離党勧告も視野」という発言を到底許すことはできない。プロの検察官が一年以上に渡る徹底的な捜査の結果「2度、不起訴」検察審査会は「よくわからないが裁判で白黒つけろ」と議決したもので全く違う。
  法務大臣が推定無罪を否定するかのような発言
  閣僚は党運営に口出しすべきでない、自分自身の問責はどうする?

○検察審査会は幽霊?
本当に開催されたかどうかさえわからない。全く別の審査員11人の平均年齢が、確率上ありえない34.55歳と2回とも同じ結果。3回平均年齢を訂正。検察審査会は三権のいずれにも属さない憲法違反の組織。行政手続きの整備に不備がある。法改正への動きが既に始まっている。

○検察審査会の審査員選定システムが欠陥品で恣意的な審査員選定が可能であることが「くじ引きソフト調査チーム」の実験により実証された。

●報道はねつ造だらけ、小沢氏に説明責任という前にマスコミが説明責任を果たすべき。何が事実として確認れ、何が誤報(虚偽報道)だったか。TBSは「石川議員が水谷建設から裏金5000万円を受けとった現場にたまたま居
合わせた男性の証言」というねつ造ビデオを放映したが、森ゆうこが抗議、その後放映されなかった。後日、日刊ゲンダイがその男性を追跡取材。その男性は石川議員と面識はなく、パーティーで見かけたことはあるかも知れないなどと答えた。

約2年間、真偽不明の報道がなされてきた。象徴的だったのは、「大久保秘書が起訴事実を認めた」とする起訴翌日の誤報、虚報。NHKをはじめ大手マスコミは、大久保秘書の弁護士に確認するという最低限の取材もせず報道。NHKは国会の総務委員会で追及されるも、未だに訂正も謝罪もしていない。

小沢元代表に説明責任を求める前に、マスコミ各社はまず、これまでの報道の何が事実として確認できたのか。何が捏造報道だったのか説明するべきである。あたかも、贈収賄や斡旋利得があったかのように報道してきたが、そのような事実はなかったということが確認されたからこそ、秘書の起訴事実は単なる期ずれであり、小沢氏を起訴することはできなかった。

○12月23日、菅総理は菅政権擁護の主要なマスコミ関係者と食事会。また田原総一郎氏はテレビで総理が小沢切りを必ずやる、私は知っていると断言。

○12月26日、西東京市(菅総理のおひざ元)の市議選結果現職5人のうち4人が落選。当選者3人は下位。 民主党への逆風は小沢切りで乗り越えられない。


ストレス発散!清き1票を私へ。


banner001.jpg

にほんブログ村 OL日記ブログへ

Comment

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2011.01/01 12:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

東京ルミックス

Author:東京ルミックス
自称、東京オシャレガール。
東京杉並区に在住。井の頭沿線。

今がチャンス!

副業ネットショップ!

ナウでヤングなレンタルサーバー!

ドメインはここで取る!

ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
ムームードメイン
 

水を徹底比較する!

老け顔を払拭!

右サイドメニュー

検索フォーム

女の肌が潤う!潤う!

デリケートゾーンの臭い黒ずみに!

新発想!!ニキビ痕専用導入型化粧水!

毛穴に効く秘密

すっぴんデカ目に!

ビックリ!すごい効果

何もしないから楽ちん!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。